階段昇降機の購入・設置の際、おすすめしたい業者を口コミ評判を基にランキング形式でまとめました!

階段昇降機はレンタルか購入、どちらがよい?

公開日:2021/06/15


階段の昇り降りが辛くなってきたなどの理由から、階段昇降機の設置を検討している人もいるでしょう。階段昇降機を検討する時は、選択肢としてレンタルと購入がありますが、どちらがお得なのでしょうか。この記事では階段昇降機をレンタルする場合、購入する場合のメリットとデメリット、設置の手順を解説するので、検討する際の参考にしてください。

階段昇降機をレンタルするメリット・デメリット

階段昇降機をレンタルするにあたって、メリットやデメリットはおさえておかなければなりません。

階段昇降機をレンタルするメリット

階段昇降機をレンタルするメリットは、安く利用できること、必要な期間だけ利用できること、定期的なメンテナンスが受けられることの3つが挙げられます。まず1番のメリットとして挙げられるのが、購入するより安く利用できることです。レンタルの場合は初期費用と月々のレンタル費用だけなので、トータルで考えると購入するより安い場合が多いでしょう。

次に必要な期間だけ利用できることですが、階段昇降機は介護用品として使用される場合がほとんどなので、必要なくなれば撤去してもらえ、自分で処分する必要もありません。最後に定期的なメンテナンスを受けられることについては、契約でレンタルしている期間中は定期的な保守点検があり、故障の際も修理を受けられるのです。

階段昇降機をレンタルするデメリット

階段昇降機をレンタルするデメリットは、対応できない階段があることと解約できない年数があることの2つでしょう。レンタル品は特注品ではないので、曲線タイプの階段などでは対応できない場合があります。また、レンタル契約の中には最低契約期間を設けており、途中解約では違約金が発生するなど、一定期間内は解約させない仕組みになっている場合もあるのです。この2点が、階段昇降機をレンタルするデメリットといえるでしょう。

購入するときのメリット・デメリット

それでは、階段昇降機を購入するときのメリットとデメリットについて解説します。

階段昇降機を購入するときのメリット

階段昇降機を購入するときのメリットとしては、曲線階段や特殊な階段にも設置できること、耐用年数の範囲内であれば利用年数を気にせず使用できること、新品の昇降機を利用できることが挙げられるでしょう。階段昇降機を購入する場合は、特注で製作することがほとんどなので、規格内であればどのような階段にも設置できます。また一度設置してしまうと、機械の耐用年数が来るまで使い続けられるのもポイントです。施設において複数人で利用する場合などは、購入する方がレンタルよりも安く済むかもしれません。

階段昇降機を購入するときのデメリット

階段昇降機を購入するときのデメリットは、一度に支払う金額が高額になること、昇降機の保守や維持に費用がかかることの2点になります。例を挙げて説明すると、階段昇降機をレンタルする場合は保証料込で1~2万円程度ですが、購入の場合は直線タイプで50~70万程度、曲線タイプで180~250万円程度と高額になるのです。階段昇降機は「介護保険外」の商品になるので自己負担で購入しなければならないのですが、自治体によっては助成金を設けているところもあるので確認してみましょう。制度があるならば利用しない手はありません。

また、階段昇降機は1年に1回点検をする必要があるのです。このときに、部品の交換や修理が必要になった場合にかかる費用も、自己負担しなければならなくなります。購入後の保証期間が終わってしまっても、保守メンテナンス契約を結べるところがあるので、安全に安心して利用したいのであれば加入するのもひとつの手段です。

階段昇降機設置の手順

ここではどのような手順、流れで階段昇降機が設置されるのかを解説しましょう。まず、設置の依頼や見積もりの相談があると、業者が現地調査を行います。設置場所や階段の長さによって費用が大きく変わるので、必ず調査をしなければなりません。調査後、数日から1週間程度で取扱店から見積書が提出されるので確認しましょう。見積もりや仕様に納得できたら契約となります。契約後の内容変更や追加は別途見積もりとなるので、契約する前に詳細まで確認してください。

あとから後悔しないように、納得いくまで担当者に相談や質問することをおすすめします。契約が終わるといよいよ施工準備です。階段昇降機を購入する場合は、設置個所の階段に合わせてレール設計、製作を行います。設置個所に持ち込んでの取り付けは、特別な場合を除いて1日で完了するでしょう。とくに大がかりな工事が発生することはありません。取り付け後、設置状況を確認してもらい、納得できれば引き渡しです。

 

階段昇降機のレンタル、購入には、どちらにもそれぞれメリットとデメリットがあります。設置する場所の環境や利用者の状況によって、どちらが得なのかは変わってくるでしょう。もし階段昇降機の設置でレンタルか購入かを悩んでいる場合は、取扱店に相談してみてはいかがでしょうか。

おすすめの階段昇降機販売・設置業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名リフテッククマリフト新光産業ダイコー中央エレベーター工業
サービス日本各地に対応可能、全社員が専門知識を有している24時間365日対応可能な総合エレベーターメーカー介護福祉機器を販売・レンタルする専門商社サポート力と技術力に自信をもって対応する企業民間・公共施設への納入実績が豊富な企業
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
おすすめの階段昇降機販売・設置業者ランキング!