階段昇降機の購入・設置の際、おすすめしたい業者を口コミ評判を基にランキング形式でまとめました!

階段昇降機のタイプ別の特徴まとめ!

公開日:2021/06/01


駅の階段などでも見かけることの増えてきた階段昇降機ですが、実は複数のタイプがあります。それぞれどんな特徴があるのでしょうか?この記事では、階段昇降機におけるそれぞれのタイプの特徴と、介護保険との関係などについて解説します。階段昇降機の導入を検討している人、階段昇降機がどのようなものか知りたい人は参考にしてください。

階段昇降機を利用する目的

階段昇降機は、体が不自由な高齢者や障害を持つ人が、車いすに乗ったまま階段を昇降するための機器です。そして階段昇降機を利用する目的は、次の3つが挙げられます。

日常生活の自立に貢献

体が不自由な人は、自力で階段の昇降ができません。抱えたり背負ったりしてもらうなど、階段を昇降する際は必ず誰かの手を借りる必要があります。しかし階段昇降機を導入すれば、好きな時に自分の意志で階段の昇降が可能です。他の人の手を借りなくてもよいので、日常生活における自立につながるといえるでしょう。

生活の利便性を向上させる

自力で階段の昇降ができることで、自然と行動の範囲が広がっていきます。手を自由に動かせるなら、家族に代わって料理や家事を始める人もいるかもしれません。生活の利便性も向上し、前向きな気持ちで過ごすことが可能です。

階段による事故の予防

階段の昇降は、健常者でも危険をともなうことが少なくありません。躓いて転んでしまったり、落ちてケガをしてしまったりすることもあるでしょう。階段昇降機を使えば座ったまま昇降できるため、階段による事故の予防につながります。

階段昇降機には複数のタイプがある

一口に階段昇降機といっても、複数のタイプがあります。具体的に、どんなタイプがあるのか?順を追って紹介するため、各家庭で選ぶ際の参考にしてください。

いすに座って移動するタイプ

車いすから降りて、いすに座って移動するタイプです。いすに腰掛けた状態で、壁に取り付けたレールに沿っていすごと動けるようになっています。そのため車いす利用者はもちろん、歩行が不安定な人にもおすすめです。「直線階段用」と「曲線階段用」があり、まっすぐ直線になった階段の場合は「直線階段用」を、途中で曲がりながら上階へ上がる階段なら「曲線階段用」を利用します。

いずれも電動式となりますが、手元のコントローラーで「上」「下」と押して移動するのが特徴です。なお、車いす利用者のために、階段の形状を問わず一番下の段が曲線になっている階段昇降機もあります。これは、車いすから階段昇降機に移るためのスペースを確保するためです。

車いすごと移動できるタイプ

車いすに乗ったまま台に乗り、車いすごと移動できるタイプの階段昇降機もあります。屋内用・屋外用の2種類がありますが、屋外用の階段昇降機は防塵・防滴仕様のようです。階段で上がる公園やエレベーターのない駅などで見かけるものの多くが、このタイプでしょう。プラットフォーム部分へ車いすに乗ったまま乗り、壁に取り付けられたレールに沿って直線で昇降します。

プラットフォームの大きさによっては一度に2~3人乗れるタイプもあり、介助者と同乗できるのです。車いすから降りていすに乗り換える必要がないため、このタイプの階段昇降機では階段下側の曲線部分がありません。

可搬型のどこでも使えるタイプ

駅などで大型の荷物を載せたまま、機械を使って階段を昇降している人を見かけたことはありませんか?その機械が荷物運搬用の階段昇降機で、これに「人が乗って昇降できるよう安全設計されたもの」が可搬型の階段昇降機となります。介助者が背面にあるハンドルを握って操作しなければなりませんが、専用のレールなどは必要ないため、いつでも好きな場所で使えるのが最大の魅力です。

階段に接する部分は車輪とキャタピラー状になっており、階段の踊り場では手動で旋回する必要があります。いす部分は平面に置いた状態では膝の方がお尻よりも高い位置にあり、階段の昇降時に地面と平行になるのが特徴です。車椅子ユーザーの落下を防ぐために、肩から腰にかけてベルトで固定するのを忘れないようにしましょう。

介護保険の適用は確認が必要

階段昇降機は、現時点で介護保険の適用対象外となっています。しかし、自治体によっては助成が受けられるケースもあるため、導入を検討する際は自治体に一度確認してみましょう。

設置工事費に対する助成について

在宅での介護の需要が高まっていることから、階段昇降機のレールや操作装置を取り付ける設置工事で助成金を受けられるケースが増えてきています。本当に助成が受けられるのか?どの程度の助成が受けられるのか?などは自治体によって対応が変わってくるので、問い合わせが必要です。

介護保険適用でレンタルできるタイプも?

基本的に階段昇降機は介護保険を使えませんが、一部例外もあります。それは、専用車いすが設置された「可搬型階段昇降機」です。このタイプは車いすが付属するため、例外として介護保険適用によるレンタルができます。気になる人は自治体か、ケアマネジャーに相談してください。

 

ここまで階段昇降機を利用する目的と、それぞれのタイプの特徴、介護保険が適用されるかどうか?など3つのポイントから解説してきました。超高齢化社会を迎え、在宅介護の需要が高まっている現代社会では、これからも階段昇降機を導入する家庭が増えていくでしょう。体の不自由な家族を抱える人は、この機会に階段昇降機の設置を検討してみるのもよさそうですね。

おすすめの階段昇降機販売・設置業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名リフテッククマリフト新光産業ダイコー中央エレベーター工業
サービス日本各地に対応可能、全社員が専門知識を有している24時間365日対応可能な総合エレベーターメーカー介護福祉機器を販売・レンタルする専門商社サポート力と技術力に自信をもって対応する企業民間・公共施設への納入実績が豊富な企業
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
おすすめの階段昇降機販売・設置業者ランキング!